光アイソレータは1方向に進む光のみを透過し逆方向の光をブロックする部品で、光源への戻り光を防止に必要です。入射光が直線偏光の場合に対応する偏光依存型と入射光の偏光状態によらない偏光無依存型があります。本製品は通信波長帯、通常サイズパッケージの偏光無依存型光アイソレータです。デュアルステージは2個の素子を連結した構造になっていてシングルステージより高いアイソレーションが得られます。標準仕様のGrade Aとハイエンド仕様のGrade Pがあります。

■特徴
・広い動作波長
・高アイソレーション
・低挿入損失、低PDL
・高安定性、高信頼性

■用途
・EDFA
・光送信機
・ファイバレーザ
・WDM、DWDMシステム
・試験装置

opneti-isolator

■ 仕様                       

 

パラメータ 単位 PI-標準-光アイソレータ
Single Stage Dual Stage
P A P A
動作波長 nm 1310, 1480, 1550, 1590
ピークアイソレーション dB 42 40 58 55
アイソレーション (λc±15nm,23℃ all sop) dB ≥28 ≥26 ≥48 ≥45
Typ. 挿入損失 (λc±15nm,23℃ all sop) dB 0.35 0.4 0.4 0.6
挿入損失(λc±20nm,-5 ~ +70℃ all sop) dB ≤0.50 ≤0.70 ≤0.55 ≤0.90
偏波依存損失(PDL)@23℃ dB ≤0.05 ≤0.1 ≤0.1 ≤0.15
偏波モード分散(PMD) ps ≤0.2 ≤0.25 ≤0.05 ≤0.07
リターンロス dB ≥60/55 ≥60/55 ≥60/55 ≥60/55
許容光パワー mW ≤500
ファイバタイプ SMF-28e
動作温度 -5 ~ +70
保管温度 -40 ~ +80
サイズ mm φ5.5 x L35
メーカ Opneti communications

 

 

 

■ パッケージ

Opn-pmInlineFaradayRotator