WDMフィルタは光学多層膜フィルタを使って異なる波長の光を合波したり分離する部品です。本製品は偏光保持タイプで、980/1064, 1030/1064, 980/1550, 1550/1064, 1480/1550nmの波長帯を合分波できます。

 

■特徴
・低挿入損失
・高消光比、高アイソレーション
・高安定性、高信頼性

■用途
・ファイバレーザ
・ファイバアンプ
・試験装置

Opn-pmFilterWDM2

 

■ 仕様

 

タイプ 980/1064 1030/1064 980/1550 1550/1064 1480/1550
透過波長 (nm) 960-990 又は1020-1080 1064±2.5 1520-1580 1500-1600 1520-1580
反射波長 (nm) 1020-1080 又は960-990 1030±10 960-990 1040-1064 1480±10
透過挿入損失 (dB) ≦0.8 ≦0.8 ≦0.7 ≦0.8 ≦0.8
反射挿入損失 (dB) ≦0.6 ≦0.6 ≦0.5 ≦0.6 ≦0.6
透過アイソレーション (dB) ≧25 ≧25 ≧25 ≧25 ≧25
反射アイソレーション (dB) ≧12 ≧12 ≧12 ≧12 ≧12
チャンネル平坦性 (dB) ≦0.3
消光比 (dB) ≧20
リターンロス (dB) ≧50
挿入損失温度依存性(dB/℃) ≦0.005
許容光パワー (mW) ≦300
ファイバタイプ Common & Pass ポート PM 980 PM 980 PM 1550 PM 1550
Reflection ポート PM 980 PM 980 HI 1060 又は PM 980 SMF-28e 又は PM 1550
動作温度 (℃) 0 ~ +65
保管温度 (℃) -40 ~ +85
サイズ (mm) Φ5.5 x L35
メーカ Opneti communications