ファイバカップルレーザのSRT-F OEMは、最高のビーム品質と高安定なレーザを供給する為に、温度コントロールしています。
個々のレーザは、波長405nmから1550nmの間で販売しております。
レーザは、シングルモードファイバ、偏波保持ファイバ、そしてマルチモードファイバの中から選択してカプリングすることができ、ファイバの先端から高出力を得ることができます。
レーザボディーは、コンパクトなパッケージで、レーザ、サーミスタ、ヒートシンク、TEクーラー、そしてカプリング素子で構成されています。
ドライバは、レーザヘッドから独立しておりコンパクトなつくりになっております。
ファイバカップルレーザは、スペクトル幅が< 2nmのものと< 0.1nmのものからお選びすることができます。詳しくはお問い合わせください。
出力は、FCシリーズのファイバカプリングの様に、焦点を調整可能です。

■特徴

・405nm – 1550nm

・シングルモード、偏波保持、マルチモードの
3つのファイバから選択可

・温度調整

・高安定

・低電力

 レーザ用光学部品・アクセサリーはこちら

■ シングルモード用の仕様

 パラメータ
 波長  405nm – 1550nm
 出力  6mW – 120mW
 出力安定度  <1%
 ファイバ シングルモード
 ジャケット  3mm  (900µm、ステンレスシースはオプション)
 コネクタ
(→光コネクタとは)
 FC/UPC, FC/APC, SMA
 電力 >600nm のレーザの場合 5VDC, 2A
<600nm のレーザの場合
 8 VDC min. , 2 A
 環境温度  15°C (または露点) ~ 30°C
 保管温度  0°C ~ 70°C
 MICRO LASER SYSTEM Inc.

 

◆ シングルモード・偏波保持モードファイバ用 波長 出力

可視 近赤外
405nm, 50mW 785nm, 50mW
450nm, 15mW 830nm, 50mW
488nm, 20mW 852nm, 50mW
520nm, 15mW 975nm, 120mW
638nm, 10mW 980nm, 120mW
640nm, 25mW 1064nm, 100mW
642nm, 50mW 1310nm, 1.5mW
660nm, 30mW 1550nm, 1.5mW
660nm, 40mW

 

◆ マルチモードファイバ用 波長、出力

可視 近赤外
375nm, 150mW 808nm, 450mW
405nm, 450mW 830nm, 450mW
445nm, 450nm, 450mW 980nm, 450mW
488nm, 150mW  
515nm, 40mW  
638nm, 150mW  
670nm, 300mW