開発力・製造力・商社力 三つの力でお客様のご要望にお応えいたします

電気光学変調器(EOM) ポッケルスセル 製品一覧

 ポッケルスセルは、光ビームの偏光方向を切り替えるために使用される電気光学変調器(EOM)です。動作原理はポッケルス効果であり、印加された電場によって非中心対称結晶材料の屈折率の線形変化が生じます。ポッケルス効果は、ニオブ酸リチウムなどの反転対称性を欠く結晶、電場分極ポリマーまたはガラスなどの他の非中心対称媒体においてのみ生じます。そのスイッチング動作は主に駆動エレクトロニクスに依存するため、ポッケルスセルは音響光学デバイスよりもはるかに高速な応答時間であるのが特徴です。

 ポッケルスセルの高速スイッチング動作を利用して、ナノ秒単位の高速シャッターを実現することができます。これを利用して水晶振動子が未知の電界にさらされたときの時間分解電界測定に使用できます。また、ポッケルスセルは、偏光プリズムを使用することによってレーザキャビティのフィードバックを防止するために使用されます。Qスイッチング、チャープパルス増幅、およびキャビティダンピングはこの技術を使用しています。Leysop社のポッケルスセルは、お客様のアプリケーションに適合する多くの種類が御座います。

 Φ25mmx43mmのミニチュアサイズのEM510C、ハイパワー仕様のBBOポッケルスセル、高速繰り返し可能な100kHz RTPポッケルスセル、高速スイッチが特徴のKD*Pポッケルスセルや超高速ポッケルスセル、低電圧電気光学光変調器などの他多くの種類の中からご満足いただける製品をお求めいただけなす。

もし、下記の仕様以外の商品をお求めの場合でも、是非弊社へお問合せください。

お問い合わせはこちら



Copyright © ファイバーラボ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
page-onecolumn
PAGETOP