可変光アッテネータは光ファイバ内の光信号強度を減衰、調節する部品です。本光アッテネータは手動で減衰量を可変制御できます。動作波長帯は1310nm、1550nm、1310/1550nm、1064nmです。

 

■特徴
・高精度
・広い減衰範囲
・低挿入損失
・コンパクトサイズ

 

■用途
・光通信試験
・実験装置


 

Opn-M-VOA

 

■ 仕様

パラメータ 単位 1310nm 1550nm 1310/1550nm 1064nm
動作波長 nm 1310 ± 40 1550± 40 1310 ± 40 1064 ± 20
1550 ± 40
減衰範囲 dB 0.6 ~ 60 0.8 ~ 60 0.6 ~ 60
挿入損失 dB ≦0.6 ≦0.8 ≦0.6
リターンロス dB ≧50
ファイバタイプ   SMF-28e HI1060
調整制度 dB 0.02
偏波依存損失(PDL) dB ≦0.15
動作温度 0 ~ +70
保管温度 -45 ~ +85
サイズ mm 26 x 16 x 8
メーカ   Opneti communications

■ オーダーインフォメーション

MVOA  波長  調整ノブ ピッグテイル ファイバタイプ ファイバ長 コネクタ
 1064  1= Hand adjustment  900=900um loose tube  1=SMF-28e  1= 1m NE=None
 1310  2= Screw adjustment  2000=2mm loose tube  4=HI1060  FA=FC/APC
 1550  3000=3mm loose tube  FC=FC/UPC
 1310/1550  SA=SC/APC
 SC=SC/UPC
 LC=LC/UPC
 LA=LC/APC
 MU=MU/UPC
 XX=Other