単一周波数パルスファイバレーザ: AP-P-SFは、単一縦モードで高エネルギーのナノ秒パルスを発振するファイバレーザです。発振波長は2μm、1.55μm, 1μmの3波長帯で、研究開発や産業用途に新しい可能性を開くレーザです。従来のバルクタイプHoレーザやTmレーザに比べコンパクト、高効率、容易な保守、簡単な操作性といった多くの利点をもつレーザです。

 

■特徴

 ・単一縦モード
 ・高パルスエネルギー
 ・動作波長をカスタマイズできます
 ・ナノ秒パルス
 ・回折限界に近いビーム品質
 ・保守不用のターンキーシステム

■用途

 ・ライダー
 ・周波数変換
 ・中赤外光発生
 ・分光

ap-p-sf

 

型番 AP-P-SF-1950 AP-P-SF-1550 AP-P-SF-1060
動作モード パルス
スペクトル 単一周波数(単一縦モード)
Typ.動作波長 1.95μm 1.55μm 1.03, 1.06μm
カスタマイズ可能な波長 1.9~2.1μm
Max.パルスエネルギー 0.5mJ 0.5mJ 0.5mJ
パルス幅 100~300ns (調節不可、工場出荷時設定)
パルス繰り返し速度 100~200kHz (調節不可、工場出荷時設定)
Max.平均出力 10W
ビーム品質 M2 <1.3
出力偏光 ランダム偏光 or 直線偏光
出力デリバリー 空間平行ビーム~1mm直径
(ビームエクスパンジョンも利用できます)
動作温度 10 ~ +30℃
保管温度 -10 ~ +70℃
冷却 水冷
ウォームアップ時間 10 分
サイズ 450(W) x 400(D) x 145(H) mm       寸法図面
メーカ Advalue Photonics Inc.