1950nm 高出力単一周波数ファイバレーザ:AP-SF1は、出力1Wの単一縦モード発振のファイバレーザで、従来のバルクタイプHoレーザやTmレーザに比べコンパクト、高効率、容易な保守、簡単な操作性といった利点があり、ライダー、ガスセンシング、周波数変換などの用途に適しています。

 

■特徴

 ・カスタマイズできる動作波長
 ・単一縦モード発振
 ・狭線幅スペクトル
 ・シングルモードファイバ出力
 ・簡単操作で保守不用


■用途

 ・LiDAR
 ・ガスセンシング
 ・周波数変換
 ・R&D

Advalue-Photo-2

 

型番 AP-SF1
動作モード CW
動作波長 1950nm (オプション:1900~2100nmの範囲でカスタマイズ)
波長精度 ±1nm(オプション:高精度のカスタマイズ)
出力(公称値) 1W(波長により異なる場合があります)
スペクトル線幅 <50kHz(波長により異なる場合があります)
周波数安定性 ±100MHz/分
ビーム品質, M2 <1.1
出力偏光 ランダム(オプション:直線偏光)
出力ファイバ Panda PM 1550 ファイバ、3mmジャケット、1m長、FC/ACコネクタ
高速チューニング範囲 200MHz,~20MHz/V PZT使用(オプション)
熱チューニング範囲 0.3nm(オプション)
出力ファイバ SMF-28シングルモードファイバ、3mmジャケット、1mファイバ長、コネクタなし
(直線偏光出力の場合:パンダ PM1550 ファイバ)
動作温度 +20 ~ +35 ℃
保管温度 -10 ~ +70 ℃
冷却 自然空冷
電源 AC100~240V(50/60Hz)
ウォームアップ時間 20分
サイズ 448.6 (W) x 395 (D) x 132.5 (H) mm
メーカ AdValue Photonics