ナノ秒ファイバレーザ>:APFL-1550-1は、1550nm帯の高出力ナノ秒パルスレーザです。MOPA (Master Oscillation Power Amplifier )方式の採用により、繰り返し周波数、パルス幅を調節することができます。高品質ビーム、短パルスでピークパワーが高く、ライダー/レーダー、リモートセンシングなどの用途に最適です。

 

■特徴

 ・平均出力パワー:Max.1W
 ・パルス間隔整範囲:ns レベルまで
 ・繰り返し周波数調整:MHzレベルまで
 ・単一周波数
 ・全シングルモードファイバデザイン
 ・空冷パッケージ
 ・メンテナンスフリー

 

■用途

 ・LiDAR/Radar
 ・リモートセンシング
 ・マッピング

APFL-1550

 

型番 APFL-1550-1
中心波長 nm 1530~1570(固定)
Min. 平均出力 W 1
パルス幅 ns 1~500
繰り返し周波数 KHz 20~1000
パルスエネルギー@50 KHz μJ 20
Max. ピークパワー KW 5
スペクトル幅 MHz <10
ビーム品質, M2   <1.1
偏光   ランダム
出力ファイバ長 m 1
動作温度 0~40
保管温度 -20~70
駆動電圧 VDC 24
Max. 消費電力 W 150
サイズ mm 250(W) x 335(D) x 52(H)
メーカ   Optisiv

◆オプション
・直線偏光
・赤色照準光