Lightwave2020社の高出力波長可変レーザ LW2023aは、Er ドープファイバ技術を利用したコンパクトなチューナブルレーザです。この波長可変光源は、0.05nm以下の狭線幅、17dBm (50mW) の高出力、65dB の高いサイドローブ抑圧比を特徴とし、光部品の検査、光モニタリング、光センサなどにご利用いただけます。

 

■特徴

 ・高出力
 ・高いサイドローブ抑圧比
 ・狭線幅
 ・高偏光度
 ・ホップフリー
 ・RS232インターフェース 

■用途

 ・光部品検査

 ・薄膜作成時の光モニタリング
 ・ファイバセンサー

tunable-laser

 

型番 LW2023a
動作波長範囲 nm 1525~1565
光出力(公称値) dBm 17
出力安定性 dB/hr <0.01
偏光度 % 100
サイドモード抑圧比 dB >60
線幅 nm <0.05
波長精度 nm <0.06
チューニング分解能 nm 0.01
動作電圧 V 90~240
動作電流 A <0.5
動作温度 -5 ~ 50
保管温度 -20 ~ 85
相対湿度(無結露) %RH 5 ~ 90
光コネクタ FC/APC
サイズ(H x W x D) mm 257 x 103 x 313
メーカ Lightwaves2020