手動チューナブルファイバレーザ:WLTL-100シリーズは、ゲインブロックと周波数選択機構から構成され、チューニング範囲と出力に関しては、オプションで様々なご要求にお応えする設計になっています。波長のチューニングはマイクロメータを使って手動で行います。簡単に使えるplug & play式で、X-band, O-band, S-band, C-band、L-bandが可能です。CWDMやDWDM部品、AWGやPLC部品、光アンプ、FBGセンサの試験などにコストパフォーマンスのよい製品です。

■特徴

 ・連続波長チューニング
   ・150nmのチューニング範囲
 ・X, O, C, Lバンド対応
 ・低ASEノイズレベル
 ・優れたコストパフォーマンス

 
■用途

 ・ファイバ光部品試験

 ・FBGインテロゲータシステム
 ・ファイバセンサ試験
 ・PMD, PDL測定
 ・高出力ファイバレーザのシード光
 

wltl-100-e-4

チューナブルファイバレーザの動作原理

 

 

 

型番 WLTL-100-X WLTL-100-O WLTL-100-C
スペクトルバンド X-band O-band S/C/L-band
中心波長 1060±10nm 1310±20nm 1550±20nm
チューニング範囲 100nm 120nm 140nm
ファイバ出力 ~10dBm
出力安定性 <±0.05dB @1 hr, 室温(PMファイバ出力のみ)
波長分解能 0.01nm
波長再現性 ±0.02nm
スペクトル線幅 <0.05nm
ASE抑制 <-70dB
出力の偏光 偏光
消光比 >20dB(PMファイバ出力のみ)
スペクトル線幅 <0.02nm
光インターフェース レセプタクルまたはピグテイル(各種コネクタに対応)
ファイバタイプ HI1060 SMF-28 (or 28e)
PM980 PM1300 PM1550
電源 5V/3A DC
動作温度 0 ~ 50℃
保管温度 -10 ~ 65℃
サイズ 仕様に依存します
重量 <0.75 Kg
メーカ WL Photonics Inc.