Geを含まない純粋石英コアファイバは水素ガス濃度の高い環境や放射線下で優れた特性を発揮します。また、高温、高圧、放射線下などの厳しい環境に耐えられる設計になっています。油井やガス坑内の温度測定、圧力モニタ、データ伝送、海洋油田やガス状態監視、石油増進回収法(特にSAGD技術)、ボアホール地震観測などの用途に有効なファイバです。このファイバを使った分布型温度センサシステム(DTS)は、極めて過酷な環境にある油井坑内の状態監視に利用されています。また、このファイバでは、ガラス精製技術やコアの導波構造改良などにより過酷な環境下での耐水素ガス特性を向上させています。高温アクリレート被覆は非常に剥がし易く150℃の高温までしっかりファイバを保護できます。

sm-fiber 特徴
・小さな水素誘起損失
・小さな放射線誘起損失(耐放射線特性はお問い合せください)
・曲げ損失で選択できる各種NA
・150℃まで使用できる耐熱コート
・ハーメチックコーティング

 用途
・SAGD用布型温度センサ
・放射線環境下での温度モニタリング
・水圧破砕モニタリング
・生産/注入モニタリング
・垂直地震プロファイル技術
・油井の完全性モニタリング

 

仕様   光ファイバとは?
 型番 SM1250SC(10/125)HT
 動作波長 (nm) 1310- 1650
 カットオフ波長 (nm) 1190 – 1330
 NA 0.11 – 0.14
 MFD (μm) 9.2 – 10.8 @ 1550nm
 損失 (dB/km) < 0.6 @ 1310nm
< 0.4 @ 1550 nm
 プルーフ試験 (%) 1 or 2 (100 or 200 kpsi)
 クラッド径 (μm) 125±1
 コア/クラッド偏心 (μm) ≦0.75
 コーティング径 (μm) 245±15
 コーティングタイプ 高温アクリレート
 動作温度 (℃) -55 ~ +150
 メーカ Fibercore Ltd.