Fibercore社通信用偏光保持ファイバは通信用標準ファイバとモード整合していますので、-32dB以上の消光比で0.1dB以下の損失で融着接続できます。また、幾何学的に高精度ですのでLiot型デポラライザ用には偏光軸に対して45°接続を正確に行えます。全てのPMファイバはTelcordia規格をクリアしています。
HB1250T, HB1480T, HB1500Tは実装の際により丈夫で消光比劣化のない400μm二層アクリレート被覆を利用できます。HB980TとHB1480Tは偏光の合波やポンプレーザのピグテイル用です。HB14XXT, HB1250T(9/125),HB980T(6.6/125)はラマンポンプデポラライザ、PMピグテイル向けの短ビート長ファイバです。Fibercore社のBow-Tie型PMファイバは、応力がポイントに有効にかかるので他のデザインのPMFより大きな複屈折を発生できます。

telecom-pmf 特徴

・高複屈折 (HB)
・短ビート長 (SB)
・高消光比

 用途
・通信
・EDFA
・CATV
・干渉型センサ
・ファイバレーザ
・電流センサ
・生体医学

仕様   光ファイバとは?
型番 HB980T HB1250T
(245)
HB1250T
(400)
HB1480T
(245)
HB1480T
(400)
HB1500T
(245)
HB1500T
(400)
動作波長 (nm) 980 – 1310 1300 – 1480 1480 – 1550 1520 – 1650
カットオフ波長 (nm) 870 – 970 1100 – 1290 1290 – 1450 1290 – 1520
NA 0.13 – 0.15 0.11 – 0.13
MFD (μm)

5.3 – 6.4 
@ 980 nm

8.1 – 9.9
@ 1310 nm
9.1 – 10.8
@ 1480 nm
9.6 – 11.7
@ 1550 nm
損失 (dB/km) ≦3 @980nm ≦2 @ 1310 nm ≦2 @ 1480 nm ≦2 @ 1550 nm
ビート長(nm) @633nm ≦2.0
プルーフ試験 (%) 1 or 2 (100 or 200 kpsi)
クラッド径 (μm) 125±1
コア/クラッド偏心 (μm) ≦0.6
コーティング径 (μm) 245±7 400±20 245±7 400±20 245±7 400±20
コーティングタイプ 二層アクリレート
動作温度 (℃) -55 ~ +85
メーカ Fibercore Ltd.
極短ビート長
型番 HB980T (6.6/125) HB1250T (9/125) HB14XXT
動作波長 (nm) 980 – 1310 1260 – 1650 1300 – 1650
カットオフ波長 (nm) 870 – 970 1100 – 1250 1100 – 1290
NA 0.11 – 0.13
MFD (μm) 6.1 – 7.1 @ 980 nm 8.1 – 9.9 @ 1310 nm 9.5 – 11.5 @ 1465 nm
損失 (dB/km) ≦2 @ 980 nm ≦2 @ 1310 nm ≦2 @ 1480 nm
ビート長(nm) @633nm ≦1.2
プルーフ試験 (%) 1 or 2 (100 or 200 kpsi)
クラッド径 (μm) 125±1
コア/クラッド偏心 (μm) ≦0.4 ≦0.6
コーティング径 (μm) 245±7
コーティングタイプ 二層アクリレート
動作温度 (℃) -55 ~ +85
メーカ Fibercore Ltd.