TeraXion社のPWS-DMRはFBGをベースにしたオールファイバタイプの波長分散制御デバイスで、どんな波長においても異常或いは正常分散を与えることができます。超短パルスモードロックレーザの出力カプラとして使用すると、レーザキャビティ全体の波長分散を設計することができ、レーザの動作モードや出力パルス幅を制御できます。また、PWS-DMRはそのバンドパス特性により波長安定性を改善し、超短パルスレーザの出力変化を最小化します。

 

 

■ 特徴
・広い波長範囲
・β2 と β3 にわたる正確な制御
・カスタマイズできるパラメータ
・2つのパッケージオプション(リコート&ルーズチューブ)

■ 利点
・アライメントフリー
・費用対コスト
・コンパクト

■ 標準仕様 (在庫保有品)

 型番 PWS-DMR
 中心波長 @ R.T.(1) (スロー軸) 1030±3 nm
 反射帯域幅 @ -3 dB FWHM(2) 20±1 nm 10±1 nm
 ピーク反射率 >12.0 % >25.0 %
 D2(3) +0.20 ps/nm +0.42 ps/nm
 D3(3) 0 ps/nm2 0 ps/nm2
 スペクトル形状 ガウシアン
 引用波長 大気
 コネクタ
(→光コネクタとは)
なし
 ファイバ PM 980
 パッケージ UV硬化アクリレート
 ピグテイル長 ≧1 m
 プルーフ試験 ≧50kpsi
 メーカ TeraXion

(1) 室温 (20 – 23 ℃)
(2) 短波長が先に反射
(3) 群遅延関数:GD =  D1+D2(λ-λ0)+D3(λ-λ0)2+D4(λ-λ0)3