APR-10-MはRoF、アンテナリモーティング、RF信号のファイバ伝送などの用途に設計された3GHz帯域幅の光レシーバモジュールで、20,000Ωの高ゲインインピーダンスが特徴です。APDを使用していますので-26dBmの低入力パワーまで受信できます。7 GHzの有効帯域幅とRS-232によりユーザによる状態監視が可能です。RoF用光トランスミッタモジュールLTシリーズと組み合わせればRF信号のファイバ伝送を超広帯域で行うことができます。

■ 特徴
apr-10-m-1

APR-10-M

・トランスインピーダンス(Zt): 20,000Ω
・10 GHzの有効帯域幅
・-26.5dBmの高感度
・RS-232による状態モニタリング
・DCカップル出力

 用途
・広帯域RoF
・10GHzまでのアナログリンク
・広帯域ディレイライン、信号処理
・位相、干渉アンテナアレイ
・高速ライダーレシーバ
・ハイゲインO/Eコンバータ

機能ブロック図

apr-10-m-2

仕様   フォトディテクタとは?
   型番 APR-10-M
 一般仕様
 フォトダイオード波長範囲
1300 nm – 1610 nm
 動作帯域幅
10 GHz
 AC トランスインピーダンス
1200 Ω @ 750 MHz, Single-end
 小信号変換ゲイン
> 20000 V/W @ 1550 nm
 ゲインリップル
±1.5 dB
 応答性
0.85 A/W @ 1310 nm typ.
0.90 A/W @1550 nm typ.
0.80 A/W @ 1610 nm typ.
 最小光入力
-26 dBm
 S21 3dB 帯域幅
7.5 GHz typ.
 S22特性
12 dB (130MHz – 6 GHz)
7 dB (130 MHz – 8 GHz)
 光リターンロス
27 dB min.
 出力カップリング
DCカップル
 最大オーバーロード
-5 dBm typ.
 群遅延偏差
50 ps
 機械的仕様
 動作温度
-5 ℃ ~ +75 ℃
 保管温度
-40℃ ~ +85 ℃
 電源
+12 V DC
 光コネクタ
FC/APC
 RF出力コネクタ
SMAコネクタ 雌, 50 Ω
 ローカルアラーム LED
入力パワー(オプション)
 リモートアラーム
RS-232(標準)
 サイズ
210 mm x 135 mm x 28 mm
 アクセサリー
110 V – 240 V AC アダプタ & ケーブル
 ハウジング
アルマイト
 メーカ
Optilab