TeraXion社のCS-DCMLはDWDMネットワーク用固定分散補償器です。この分散補償器は極めて低フラット損失、低遅延で高い分散補償能力があります。50GHz チャネル間隔の高い補償能力を備え、DCF (Dispersion Compensation Fiber)ベースの補償器に比べて小型で80%も設置面積が小さくてすみます。コストにシビアなネットワークにおいて、光アンプを減らしたいご要求にぴったりのモジュールです。Teraxion 社の特許であるマルチチャネルFBG技術をベースとしており、高速DWDMネットワークに適用できる高い特性レベルの補償器です。

 

■ 特徴

・Max. 200kmの分散補償
・25 ns 以下の低遅延
・スモールフォームファクタ
・超低挿入損失
・ 50 or 100 GHzチャネルグリッド
・G.652 or G.655ファイバへスロープマッチ
・RoHS 適合

 

■ 用途

・メトロ、長距離 DWDM ネットワーク
・低遅延取引
・海底ネットワーク
・フェストーンネットワーク
・RF通信システム

■ 仕様

 型番 CS-DCML-100 CS-DCML-200
 分散補償レベル 20 – 100 km 20 – 200 km
 チャネル間隔 100 GHz 50 & 100 GHz
 動作帯域幅 >60 GHz >25 GHz2
 挿入損失 ≤ 3.0 dB ≤ 3.0 dB
 遅延 <25 ns <25 ns
 動作温度 -5 ~ 70 ℃
 保管温度 -40 ~ 85 ℃
 メーカ TeraXion

(1) 仕様はカスタマイズできます
(2) オプション サーキュレータ

■ 寸法図