TeraXion社のCS-HLDCは超長距離コヒーレント通信用パッシブ波長分散補償器で、低挿入損失を保持しつつ大きな分散補償ができます。Teraxion社の確立したFBG技術でテルコーディア規格シングルチャネルグレーティングを数個カスケード接続して高信頼でコンパクトな補償器を実現しています。低遅延ですので分散の大きさに拘わらずパスバンドが広く、40, 100 Gb/sコヒーレントリンクに於ける本質的分散補償に適しています。

 

■ 特徴

・1Uハーフラックで150,000 ps/nm
・超低挿入損失 & 遅延
・高速SOP変化なし
・RoHS適合
・サブバンド、マルチ or シングルチャネル

 

■ 用途

・海底ネットワーク
・超長距離コヒーレントネットワーク

■ 仕様

型番 単位 CS-HLDC
補償レベル ps/nm 30,000   150,000(1) 15,000   150,000(2) 15,000   150,000
チャネル間隔 GHz シングルチャネル 100 シングルチャネル
動作帯域幅 GHz >50 >50 >425
挿入損失 Typ. dB 13   65 13   130 13   130
遅延 Typ. ns 300   1,500 300   3,000 300   3,000
動作温度 -5 ~ 65
保管温度 -40 ~ 85
メーカ TeraXion

(1) 30,000 ps/nm モジュールを5台カスケード接続
(2) 15,000 ps/nm モジュールを10台カスケード接続

■ 寸法図