DFB-1550-PMは、LN変調器などの外部変調器と組み合わせて使用するCW -PM出力DFBレーザです。MQW構造のDFBレーザで、40mWの高出力、高いサイドモード抑圧比、低RIN、狭線幅が特徴です。1528 – 1562nmの間のDWDM ITU-Tグリッド波長を利用できます。パッケージには、DFBレーザTEC、サーミスタ、リアファセットPDモニタが内蔵されています。

■特徴

・偏光出力
・40 mW出力
・145 dB/Hzの低RIN
・1 MHzのレーザ線幅
・1528 – 1562 nmから18波長を選択
・TEC, サーミスタ, モニターPD内蔵

■応用

・DWDM
・RoF
・HFC

■ピン配置

dfb-1550-pm-pin

■仕様(データシートPDF) 半導体レーザとは?
 型番 DFB-1550-PM
 一般仕様
 波長範囲 1528~1562nm
 波長精度 ±1 nm
 波長チューニング ±1.5 nm
 光出力 20, 30, 40 mW
 動作電流 300 mA max. @ CW
 フォワード電圧 2.5 V typ.
 シリーズ抵抗 25 Ω typ.
 閾値電流 25 mA typ.
 モニタ-電流 0.10mA min., 1.0mA max.
 フォトダイオード暗電流 2 nA typ., 100 nA max.
 サイドモード抑圧比 30 dB min.
 レーザ線幅 1 MHz typ.
 光アイソレーション 35 dB min.
 相対強度雑音 -145 dB/Hz max.
 偏光消光比 20 dB typ.
 最大絶対定格
 LDリバース電圧 2 V
 動作電流 400 mA
 PDリバース電圧 20 V
 PDフォワード電流 10 mA
 TEC電圧 4 V
 TEC電流 4 A
 TEC & サーミスタ特性
 TEC電流 1.0 A max.
 TEC電圧 2.4 V max.
 TEC抵抗 2.4 Ω typ.
 サーミスタ抵抗 7.7kΩ min., 12.6kΩ max.
 サーミスタ B コンスタント 3,270 K min., 3,630 K max.
 機械的仕様
 動作温度 -10 ~ +60℃ 
 保管温度 -40 ~ +70 ℃
 動作湿度 95%@<30℃
 光ファイバタイプ PANDA PM
 光コネクタ
(→光コネクタとは)
FC/APC, 他もご利用いただけます
 メーカ Optilab

■L-I曲線
 dfb-pm-3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■寸法図
dfb-pm-4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■ご利用いただける波長
dfb-pm-5