100GHz 1xN AWG (8≦N≦48), 200GHz 1xN AWG (8<N<24)

AWG (Array Waveguide Gratings)はWDM-PONシステムにおける波長合分波器(Mux/DeMux)として使われています。比較的低損失で多数のチャンネルを正確に合分波できますので波長数の多いWDMネットワークにおいては主流になっています。温度補償のないサーマルタイプと温度補償されたアサーマルタイプがあります。

■特徴

● アサーマルタイプ
– 温度コントローラ
– 電気インターフェースなし
– カスタム化できます

● サーマルタイプ

– 低挿入損失&PDL

1.アサーマルタイプ

100GHz 1xN Gaussian/Flat-top(8≦N≦48)

200GHz 1xN Gaussian/Flat-top(8≦N≦24)

2.サーマルタイプ

100GHz 1xN Gaussian/Flat-top(8≦N≦48)

200GHz 1xN Gaussian/Flat-top(8≦N≦24)

■ 仕様

パラメータ 単位 100GHz Spacing 200GHz Spacing
Gaussian Flat-Top Gaussian Flat-Top
 波長精度 nm ±0.05 ±0.05 ±0.07 ±0.07
 1dB帯域幅 nm >0.20 >0.4 >0.4 >0.7
 3dB帯域幅 nm >0.40 >0.6 >0.7 >10
 光挿入損失 dB 4.5 5.5 4.5 5.5
 損失均一性 dB 1.0 1.0 0.8 0.8
 隣接チャネルクロストーク dB 27 27 28 28
 非隣接チャネルクロストーク dB 30 30 30 30
 光リターンロス dB >40 >40 >40 >40
 PDL dB <0.5 <0.5 <0.5 <0.5
 サイズ (LxWxH) mm 120x70x12.3/85x58x11.3
 動作温度 -20 ~ 70
 メーカ PPI Inc.