偏光ビームコンバイナ/スプリッタは2本のファイバに入力された直交した偏光を合波して1本のファイバに出力するか、直交した2つの偏光を2本のファイバに分離して出力する部品で、光アンプ、コヒーレント光通信システム、偏波モード分散補償、ファイバセンサなどに使用されます。本PBC/PBSは2x2ポートで動作波長帯は1550nmです。

■特徴
・低挿入損失
・高消光比
・高安定性、高信頼性

■用途
・EDFA&ラマンアンプ
・ファイバセンサ
・コヒーレント通信システム
・偏波モード分散補償

■ 仕様

パラメータ 単位 Grade P Grade A
ポート 2×2
動作波長 nm 1550
動作波長範囲 nm ±20
Typ.挿入損失  ポート3→ポート1& 2 @スロー軸 1& 2 @ファースト軸 dB 0.6 0.8
挿入損失  ポート3→ポート1& 2 @スロー軸 ポート4→ポート1& 2 @ファースト軸 dB ≦0.8 ≦1.0
消光比 (スプリッタのみ) dB ≧18 ≧16
リターンロス dB ≧50
許容光パワー mW ≦300
ファイバタイプ  ポート1&2 パンダファイバ
 ポート3&4 SMF-28 or PMパンダファイバ
ファイバ長 m 0.8
動作温度 -5 ~ +70
保管温度 -40 ~ +80
メーカ   Opneti communications

注:表の値はコネクタなしの場合です。コネクタ付の場合は、挿入損失0.3dB増、リターンロス5dB減、消光比2dB減になります。
(→光コネクタとは)

■ パッケージ

Opn-2x2-PBC_PBS