フィルタ型カプラは誘電体多層膜フィルタを使って光信号を分岐、合波波する部品で、偏光保持タイプのカプラを容易に製造できます。分岐比1/99 – 50/50のカプラがあります。

■特徴
・低挿入損失
・高消光比
・高アイソレーション
・高安定性、高信頼性

■用途
・光アンプ

・光ファイバ機器
・光パワーモニタリング
・ファイバセンサ

■ 仕様

  パラメータ
 ポート 1×2 2×2
 波長(nm) 1310, 1550 1064 1310, 1550 1064
 動作帯域幅(nm) ±40 ±20 ±40 ±20
 過剰損失(dB) ≦0.7 ≦0.8 ≦1.0 ≦1.2
 均一性 ≧0.4 ≧0.5 ≧0.6 ≧0.8
 分岐比(%) 1/99 – 50/50
 消光比(dB)  タイプ 2(両軸動作) ≧20 ≧20 ≧18 ≧18
 タイプ1(ファースト軸ブロック) ≧22 ≧22 ≧22 ≧22
 リターンロス(dB) ≧50
 許容光パワー(mW) ≦300
 ファイバタイプ  タップ ポート2 SMF-28 or HI 1060 パンダファイバ
 ポート1&3 パンダファイバ
 動作温度(℃) -5 ~ +70
 保管温度(℃) -40 ~ +80
 サイズ(mm) Φ5.5 x L35
 メーカ Opneti Communications

■ パッケージ

タイプ1の光パス:ポート3→ポート1, 2(ポート2はタップポート)タイプ2の光パス:ポート1→ポート2. 3(ポート2はタップポート)

タイプ1の光パス:ポート1→ポート3, 4(ポート4はタップポート)ポート3→ポート1, 2(ポート2はタップポート)タイプ2の光パス:ポート1→ポート2, 3(ポート2はタップポート)ポート3→ポート1, 4(ポート4はタップポート)

■注文方法