Tap-PDモニターはファイバ内の光パワーを一部分岐してモニターする部品です。このPDモニターは、1260~1620nmの波長帯に対応しています。

 

特徴
・低挿入損失
・コンパクトで一体的なデバイス
・Tap比をカスタム可能
・RoHS

用途
・WDMチャンネルモニタリング
・光アンプのゲインモニター
・光ネットワークスイッチ
・プロテクションモニタリング

tap-pd_monitor

仕様

  パラメータ
  動作波長(nm)
1260 ~ 1620
  Tap比
1% 3% 5%
  応答性(mA/W)
8 25 40
  挿入損失(dB)
0.35
  WDL(dB)
≦0.3
  暗電流(nA)
≦5.0(標準1.0)
  逆電圧(V)
≦20
  順電流(mA)
≦10
  PDL(dB)
≦0.1
  TDL(dB)
≦0.3
  PMD(ps)
≦0.2
  リターンロス(dB)
≧45
  ファイバタイプ
SMF-28e
  動作温度(℃)
-10 ~ +70
  保存温度(℃)
-40 ~ +85
  許容光パワー(mW)
≦500
  サイズ(mm)
φ5.5 x L18.4 ; φ3.5 x L20
  メーカ
Opneti communications
パッケージ