LEONI-sw-high-channel-1

チャネル数の大きなスイッチの場合、2通りの構成方法があります。1つは、スイッチをカスケードに接続する方法で、容易にチャネル数を拡大できますが、接続数が多くなると挿入損失が大きくなる問題があります。LEONI社では、下図のような非カスケード方式を採ることによりこの問題を解決しています。非カスケード方式では、調節ミラーをピエゾアクチュエータで操作することにより光パスを変えます。この方式により最大100チャネル、挿入損失1dB以下のスイッチを実現しています。

■ 非カスケード型スイッチの原理

LEONI-sw-high-channel-2

  ご注文の際、以下をご指定ください

 ・出力チャネル数 N
 ・スイッチモジュール数 M
 ・波長帯(動作波長範囲): UV-VIS, VIS-IR, ブロードバンド
 ・分光用低エタロン効果オプションのご利用
 ・ファイバタイプ(例:E9/125か相当品、MMFコア径、NA、GI、SIなど)
 ・ピグテイル長(m)
 ・コネクタの種類(例:FC, SMA, STなど)
(→光コネクタとは)
 ・インターフェース(例:RS232, TTL, I2C, Ethernet, USB)
 ・2xNスイッチの場合のスイッチタイプ(こちらをご覧ください

型番 eol 1xN ・ mol 1xN
スイッチタイプ 標準 高速
スイッチ構成 カスケード 非カスケード カスケード
チャネル数 N     ≦100 >100
(ファイバの種類によります)
挿入損失 dB カスケード数によります ≦1.0 カスケード数によります
スイッチング周波数 s-1 ≦50 ≦200
保証寿命 >108
動作温度 0 ~ +60
保管温度 -40 ~ +80
ハウジングオプション 19″ラックまたはご指定サイズのスイッチボックス
メーカ LEONI