DFBレーザ光源:DFB-8-Rは、DWDM通信やそれに用いられる光部品の特性検査などに適したDFBレーザ光源で、従来品に比べ大幅な低価格化を実現しています。1ユニットに最大8個のレーザを搭載可能で、ITU grid Cバンド(標準)の他、Lバンド、その他からも波長選択することができる通信用レーザ光源です。レーザ出力や中心波長の微細な調節が全面パネルインターフェースから行えます。

■特徴
 ●ラボ試験、測定DFB-8R-1
 ●DWDMネットワーク
 ●シードレーザ
 ●ファイバ光部品試験
 ●ファイバセンサ

■機能ブロック図
DFB-8R-2

型番 DFB-8-R
技術的仕様
 DFBレーザ数 8コ(Max.)
 波長 CバンドITUグリッドから 任意の波長を選択(標準)
(オプション)→ Lバンド、1310±5nm,
1510±5nm, 1600±5nm
 カスタマイズ波長精度 ±0.05nm
 波長チューニング範囲 ±1.0nm
 光出力 10mW, 20mW
 出力安定性 ±0.02dB(8時間)
 波長精度 ±0.002nm(8時間)
 レーザ線幅 2MHz typ., 3MHz max.
(1MHz以下も可能)
 サイドモード抑圧比 45dB typ.
 光アイソレータ 30dB min.
 相対強度雑音 -145dB/Hz max.
 偏光消光比 20dB typ.(パンダファイバ使用)
調節機能と出力
 チャンネル出力コントロール ON/OFF
 DFB出力レベル調整 最大出力レベルの- 6dB
 DFB波長チューニング 中心波長±1nm
機械的仕様
 動作温度 +10 ~ +50 ℃
 保管温度 -30 ~ +85 ℃
 動作湿度 0 ~ 85 %RH
 電源 80~240V, 43~63Hz AC or
40~58V DC(オプション)
 消費電力 80W max.
 サイズ(インチ) 2Uラックマウント: 15″x19″x 3.5″
 調節/モニター LD電流、光出力、レーザ波長
 表示 LD電流、光出力、レーザ波長
 光コネクタ FC/APC, FC/UPC, SC/APC, SC/UPC,
PM-FC/APC, PM-FC/UPC
 光ファイバタイプ SMF-28(標準)、
PANDA(PM出力)
 メーカ Optilab

■ピン配置
DFB-4-B-3

 

 

 

 

 

 

 

 

■Labviewインターフェース
 Labviewソフトウェアによりパラメータの調整や状態モニターを行えます。

DFB-4-B-4