TWL-C-HP-Mは、C-バンドをカバーするDFBアレイ型レーザを搭載した ITLA (Integrated Tunable Laser Assembly)型波長可変レーザモジュールです。従来の固定波長光源を使ったDWDMシステムでは保守用に多数のスペア光源を準備しておくことが必要でしたが、波長可変光源を用いることにより運用、保守コストが低減します。TWL-C-HP-Mは波長スイープ機能を内蔵しています。また、低い相対雑音強度(RIN)、高いサイドモード抑圧比 (SMSR)、超狭線幅、優れた波長精度を特徴とし、OIF-ITLA-MSA規格に準拠しています。

■用途

・光アド/ドロップ多重装置
・DWDM伝送システム
・チューナブルDWDMトランスポンダ、トランシーバ
・再構成可能光アド/ドロップ波長多重装置
・光パケット又はバーストモードスイッチング
・試験、測定装置
・ファイバセンシング、インテロゲータ
・光スペクトル特性測定
■特徴

・1527.60 nm – 1567.13 nmの広い波長可変範囲
・1 GHzの波長ステップ分解能
・50 mWの高出力
・<10 kHzの超狭線幅
・連続波長スイープ機能
・55 dBの優れたサイドモード抑圧比
・偏光保持(PM)出力
・使い易いUSBインターフェース

twl-c-m-1

  データシートPDF

型番 TWL-C-HP-M
 光仕様
 動作波長 1527.60~1567.13 nm
 波長精度 ±1.5 GHz
 微細可変波長分解能 1 GHz
 波長安定性 ±1 pm(24時間)
 波長スイープ C-band全域連続スイープ
 光出力 50mW typ.
 光出力安定性 0.02dB(8時間)
 レーザ線幅(FWHM) <10 kHz instantaneous w/o dither
<100 KHz w/SBS disabled

<750 MHz w/SBS enabled
 CNR 50 dBc typ.@-5 dBm
 サイドモード抑圧比 55 dB typ.
 相対強度雑音(RIN) -157 dB/Hz @13d Bm
 偏光消光比 20 dB min.
 光アイソレーション 30 dB min.
 ファイバタイプ Panda 1550 PM ファイバ
 機械的仕様
 電源 100~240 VAC
 光コネクタ PM Narrow Key FC/APC(標準)
or リクエスト
 動作温度 0 ~ +40 ℃
 保管温度 -40 ~ +70 ℃
 制御 出力レベル、波長
(GUIソフトウエアによる)
 通信インターフェース RS232 or USB2.0
 アクセサリー PS-12-M, 12V 電源
 ローカルアラーム 過剰温度上昇、過剰電流
 サイズ 120 x 112 x 32 mm
 メーカ Optilab