光強度変調器:IML-1550-40-Gは、衛星リンク、リモートアンテナ、RoFなどに利用できる40GHzまでのアナログ変調器として設計されています。波長範囲は1530 – 1610nmで、超低電圧駆動、優れたバイアス回路安定性、-30℃~+60℃の広い動作温度範囲、低挿入損失などを特徴としています。また、RF入力用に極小サイズのGPPOコネクタ、バイアス入力用に3つのリードピンを備え、バイアスモニター用PDを内蔵しています。

 特徴

iml-1550-40-g-1

IML-1550-40-G

・バイアス回路の優れた安定性
・1530nm ~ 1610nmの波長範囲
・低挿入損失 < 4.5dB
・超低駆動電圧 2.0V
・モニタPD内蔵
・オプションで-55 ~ +75℃の広い動作温度範囲

 用途

・40GHzまでのアナログ伝送
・衛星リンク
・アンテナリモーティング
・RoFリンク
・43Gb/sシステム

機能ブロック図

iml-1550-40-g-2

仕様 LN変調器の原理
型番 IML-1550-40-G
 技術仕様
 入射光パワー
100 mW max.
 動作波長
1530 ~ 1610 nm
 チャープ値
< ±0.2 (ゼロチャープデザイン)
 挿入損失
< 4.0 dB typ., 4.5 dB max.
 消光比
≧25 dB min.
 光リターンロス
≦- 45 dB
 S21帯域幅
30 GHz typ.
 S11リターンロス
≦-10 dB @ 40 GHzまで
 Vπ(RFポート)
2.0 V typ. @ 低周波数
2.5 V typ. @ 10GHz
4.3 V typ. @ 30 GHz
 RF入力パワー
≧27 dBm max.
 Vπ(バイアスポート)
< 3.0 V @ 1 kHz
 PD応答性
0.05±0.02 mA/mW
 アナログリンク特性
 IIP3 @ 7GHz
25 dBm typ.
 1 dB コンプレッションポイント @ 10 GHz
8.0 dBm typ.
 機械的仕様
 動作温度
-30 ~ +60 ℃
 動作温度(TQバージョン)
-55 ~ +75 ℃
 保管温度
-60 ~ +90 ℃
 動作湿度
0 ~ 90 % 相対湿度
 入射ファイバタイプ
PANDA-PM
 出射ファイバタイプ
SMF-28
 入射コネクタ
PM FC/APC または他のタイプ
 出射コネクタ
SM FC/APC
 材料
LiNbO3
 結晶方位
X-cut, Y-propagating
 導波路タイプ
Ti 拡散導波路
 バイアスポートコネクタ
2 pin 電極
 RFポートコネクタ
GPPO
 ファイバ保護
900μm チューブ
 サイズ
72 x 12 x 7 mm
 メーカ
Optilab
標準的 S21, S11 帯域幅

iml-1550-40-g-3