ドライバ付光変調器:LMD-S-20-RはLN変調器と変調器ドライバから構成されていますのでお手持ちのDFBレーザ、ファイバレーザ、波長可変レーザなどの変調に便利にご利用いただけます。変調可能な波長帯は1270nm – 1330nmのOバンドで、帯域幅は20GHzです。自動バイアス制御ボードを内蔵していますので長期間安定動作します。フロントパネルやLabviewソフトウエアで4種類のバイアスモードの選択やRFゲイン調節が可能です。Optilab社のフォトレシーバと組み合わせて高性能な20GHz RoFリンクを構成することもできます。

 用途

lmd-cl12-r-1

LMD-S-20-R

・アナログ光リンク
・20GHz RoF伝送・23 Gb/sまでの光通信
・RE/IF信号分配
・衛星通信
・アクティブモードロック(PMバージョン)
・ピコ秒パルス発生

機能ブロック図

lmd-s-20-r-2

 

仕様 LN変調器の原理
   型番 LMD-S-20-R
 一般仕様
 動作波長
1270 nm – 1330 nm
 レーザ光源
外部入力: DFB、 波長可変レーザなど
 光入力レベル
+17 dBm max.
 RF 反射損失
> 10 dB @ 10 GHz
 インピーダンス
50 Ω typ.
 アナログ周波数範囲
20 kHz – 20 GHz
 光挿入損失
5 dB typ., 6 dB max.
 S21 帯域幅, 3 dB
18 GHz typ.
 変調バイアスモード
4 自動バイアス制御モード, ソフトウエアで選択
 変調器電圧 VPI (half wave)
5.5 V typ. @ 10 GHz
2.5 V typ. @ 10 GHz (RZ 又は BPSK 用低駆動)
 変調仕様
 入力RF電圧範囲
250 mV – 750 mV typ.
 変調器ドライバ出力電圧
3.5 Vp-p, 7.5 Vp-p, 調節可
 立ち上がり時間
< 40 ps
 立ち下がり時間
< 40 ps
 デジタルビットレート
23 Gb/s max.
 消光比
11 dB @ 12 Gb/s
 メカニカル仕様
 動作温度
-10 ~ +60 ℃
 保管温度
-50 ~ +90 ℃
 電源
110/220 VAC, 50 – 60 Hz
 光コネクタ
FC/APC (他はオプション)
 ファイバタイプ
PANDA 入力/SMF-28 出力
PANDA 入力/PANDA出力 (PM バージョン)
 RF入力コネクタ
SMA コネクタ
 リモート制御
USB 2.0 ソフトウエア付
 アラーム
バイアスモード状態、温度過昇
 サイズ
424 mm x 425 mm x 44 mm
 メーカ
Optilab
バイアス制御モード
モード  動作条件  変調フォーマット
 Q+  正勾配の直交点へセット  アナログ、NRX
 Q-  負勾配の直交点へセット  アナログ、NRZ
 Min  変調曲線のmin.へセット  パルス, RZ, BPSK
 Max  変調曲線のmax.へセット  パルス, RZ

標準的S21, S11帯域幅

 

lmd-s-20-r-3

バイアスセッティングモード

lmd-cl12-r-4

 

レイアウト詳細

lmd-cl12-r-5

 

寸法図

lmd-cl-12-r-6

 

Labview インターフェース