開発力・製造力・商社力 三つの力でお客様のご要望にお応えいたします

波長可変/スイープファイバレーザ 一覧

波長可変ファイバレーザは発振波長を変えることができるファイバレーザです。また、波長可変レーザには、一定の波長範囲を繰り返し可変する機能を搭載したものがあり、波長スイープレーザと呼んでいます。

Lightwaves社CWレーザは出力50mwの使い易いレーザで、光部品検査、ファイバセンサなどに適しています。

WL Photonics社
のレーザには手動と電動の2タイプがあります。独自のチューナブルフィルタ技術を利用してX-, O-, S-, C-, L-bandの波長帯を全てカバーしており、光通信用部品やセンサ部品の試験に最適です。

Optilab社
のレーザにはスイープ機能が搭載されており、FBGセンサシステムなどのセンシング用途に最適です

Genia Photonics社
の波長可変ファイバレーザは、ピコ秒パルスMOPAレーザ技術をベースにして1050 nm帯、1550 nm帯、1950 nm帯、3μm帯と近赤外から中赤外までの4波長帯のレーザを実現しています。ピコ秒パルスの特徴を活かしたTi-サファイアレーザの代替、コヒーレント・アンチストークス・ラマン散乱(CARS)分光など非線形光学での利用、赤外波長帯であることを利用した分光分析やセンサーなど様々な用途にご利用いただけます。

→ファイバレーザとは

製品写真 型番 波長範囲 出力 発振モード  スイープ機能 メーカ
 LW2023a 1525-1565 50 mW CW no Lightwaves 2020
 WLTF-100 series
 (手動可変)
X, O, S, C, L-band 5 mW CW no WL Photonics
WLTF-200 series
 (電動可変)
X, O, S, C, L-band 5 mW CW no
 SWL-1550-M-S/W 1520-1580 nm(S)
1510-1590 nm(W)
20 mW CW 1 kHz Optilab
 RTL-1450 1450-1500 nm 20 mW CW 2.5 kHz
 RTL-1550 1520-1575 nm 30 mW CW 5 kHz
 TPL-1050-210-01 1030-1080 nm 100 mW 22 ps
パルス
40-120 MHz Genia
Photonics
 TPL-1550-912-01 1535-1560 nm 250 mW 25 ps
パルス
10 MHz
 TPL-1950-821-01 1925-1985 nm 500 mW 130 ps
パルス
10-20 MHz
 MIR-2950-3670-182-01 2.95-3.67 µm 10 mW 120 ps
パルス
80 MHz

お問い合わせはこちら



Copyright © ファイバーラボ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
page-onecolumn
PAGETOP