MIOC-1550-PGは、回転速度センサや慣性運航システムが必要な光ファイバジャイロのキー部品となる光集積チップです。このチップにはポラライザー、Yカップラ、2コの光位相変調器が集積されています。ベースのLiNbO3導波路はHTPE(High Temperature Proton Exchange)法で作られています。MIOC-1550-PGの特徴は60 dBを超える高い偏光消光比で、偏光クロストークにより起こるバイアスドリフトを最小化しています。また、広い温度範囲で信頼性の高い動作が可能です。

■ 用途

・光ファイバジャイロ
・光ファイバ電流センサ
・ハイドロフォンなど
・研究開発

■ 特徴

・1550nm動作
・PM入出力ポート
・-20dB以下のファイバ/チップクロストーク
・低挿入損失
・プッシュープル電極設計
・非パッケージチップの利用可

 

仕様 (データシートPDF LN変調器の原理
 型番 MIOC-1550-PG
 光仕様(+40 dBmバージョン)
 動作波長 1550±20 nm
 ピグテイル挿入損失 ≦4.5 dB (3.5 dBも可)
 分岐比 50±5 %
 半波長位相変調電圧, Vπ ≦5.0 V, (4 Vも可)
 偏光消光比, チップ ≧60 dB
 PMピグテイル クロストーク ≦-20 dB
 強度変調 ≦0.1 %
 電極タイプ プッシュープル
 ピグテイル PM PANDA 125μm(80μmも可)
 動作温度 -45℃ ~ +70℃
 機械的仕様
 ハウジング材*1 ステンレス
 入力ファイバ PANDA-PM 125μm
 出力ファイバ PANDA-PM 125μm
 基板材 LiNbO3
 結晶方位 X-cut, Y-propagation
 導波路製法 HTPE
 コネクタ 標準:ベアファイバ(FC/APCも可)
 メーカ
Optilab