開発力・製造力・商社力 三つの力でお客様のご要望にお応えいたします

ナノ秒ファイバレーザ 一覧

ナノ秒ファイバレーザは、高いエネルギー効率、小型、保守が容易などの利点があり、穴加工、マーキング、精密接合加工、薄膜パターニングなど材料のマイクロ加工に欠かせないレーザになっています。パルス発振の方式としてMOPA、Q-スイッチ、モードロックがありますが、特に、MOPA型ファイバレーザはシードとなるレーザ光を増幅して出力するので高出力でありながらパルス幅、繰り返し周波数、出力などを可変できる機能性の高さが特徴です。1060nm帯、1550nm帯レーザはLiDAR、リモートセンシングなどに1950nm帯レーザはLiDAR、中赤外光発生、非線形光学などに用いることができます。

➡ファイバレーザとは

製品写真 型番 中心波長
(nm)
平均出力
(W)
パルス幅
(ns)
 レーザ
タイプ
 用途 メーカ
 MOPA Smart Laser 1060-1070   20  2-200 MOPA  加工 MAX
PHOTONICS
 MFPT-20 1060-1070 20-70 2-200 MOPA
 MFPT-120P 1060-1070 100-120 60-350 MOPA
 Q-Switched Smart Laser 1055-1070 20 90-110 Qスイッチ
 MFP-5/10/20/30/50
1055-1070 5-50
90-110 Qスイッチ
 MFP-100/200/300 1060-1070 100-300 90-180 Qスイッチ
 APFL-1064-10/20/30
1059-1069  10, 20, 30
1-500
MOPA 加工 Optisiv
 APFL-1550-1 1530-1570 1 1-500 MOPA LiDAR
 CKLID-1030 1059-1069 2 1-50 MOPA LiDAR Techwin
 CoLID-1064 1059-1069 2 1-50 MOPA LiDAR Connet Laser Technology
 VLS-1064-M-5/10/25-PL 1040-1083 5 1-50 MOPA
 CoLID-1550 1540-1565 1 0.5-200 MOPA
 VFLS-1550-M-PL 1530-1561 5 0.5-200 MOPA
 NPL-1064-200W-B 1059-1069 0.4 5-1000 MOPA  LiDAR, 科学 Optilab
 NPL-1550-37-BM/R 1543-1570  5 2-1000 MOPA  空間光通信
 EVERESTnanoTM AP-515  515 10-50   5 –  加工  AdValue
Photonics
 EVERESTnanoTM AP-1030  1030  100  5  –
 EVERESTnanoTM AP-1950  1950  5  –
 AP-QS1-MOD 1950 10 20-200 Qスイッチ
 AP-QS1 1950 5 20-200 Qスイッチ  科学、産業
 AP-QS
1950 0.1 20-200 Qスイッチ
 AP-P-SF 1030, 1550,
1950 
10-100 2-300  – LiDAR, 科学、産業

お問い合わせはこちら



Copyright © ファイバーラボ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
page-onecolumn
PAGETOP